審美歯科

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

セラミック治療とは

セラミック治療とは、虫歯の治療で歯に入れた銀歯などの金属素材の詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)を、白いセラミック素材に変えることでお口まわりの審美性を改善させる治療です。

セラミックは天然歯同様の白さと透明感を出すことができるため、まわりの歯と比べても違和感はありません。また、金属を一切使用しないので、金属アレルギーの心配もありません。安心・安全にお口まわりを美しく見せることができる治療、それがセラミック治療なのです。

こんな方におすすめです

  • 銀歯が目立つのが気になって、口を開けて笑えない
  • できるだけ白く、透明感のある歯を入れたい
  • 前歯の変色が気になる
  • 見た目が美しいだけでなく、長持ちする歯を入れたい
  • 歯茎が痩せて下がっているため、歯根が露出している
  • 被せ物と歯茎が接する部分の金属が露出している
  • 被せ物と歯茎の境目が黒ずんでいる

当クリニックのセラミック治療の特徴

歯の設計にこだわって高品質な歯を提供します

「ジルコニア」などのオールセラミックは優れた素材ですが、ただそれをお口の中に入れるだけの治療は、決して「優れた治療」ではないと考えています。素材の特長を活かしつつ、歯の設計にとことんまでこだわってこそ、初めて患者様にご満足頂けるものを提供することができます。

当クリニックでは素材だけにこだわるのではなく、豊富な経験と高い技術力を持った歯科医師が、歯の設計にも細心の注意を払って高品質な歯を提供します。

ご満足頂けるまで、決して妥協はしません

歯の削り方、削る量、削るポジション、歯型を取る材料の選択、そして、実際に歯を作製する歯科技工士の技術など、これらのうち1つでも精度が低いと、患者様に高品質な歯を提供することはできません。

当クリニックでは1つ1つの工程を妥協せずに、ご満足頂けるまで何度でもやり直し、長期にわたって快適にお使い頂ける歯を提供します。

「見える部分」だけでなく「見えない部分」にもこだわります

歯と被せ物の接合部分が歯茎の中に入っている場合、患者様からはその部分は見えません。しかし、この部分の精度が低いと、数ヶ月後に歯茎が炎症を起こして出血したり、歯茎が痩せて下がってきた時に、金属部分が露出したりすることがあります。

こうしたことがないように、当クリニックでは「見える部分」だけでなく「見えない部分」にもこだわって治療します。

限りなく本歯に近い仮歯を提供します

「仮歯はあくまで『仮の歯』で、本歯が入ればご満足頂けます」これが、普通の歯科医院で行われている審美歯科です。しかし、当クリニックでは本歯が入るまでの期間も、できるだけ快適にお過ごし頂くために、限りなく本歯に近い仮歯を提供しています。

実際に当クリニックの仮歯を入れられた患者様の中には、「もう治療は終わりですか?」と勘違いされる方もいます。

歯の作製工程を熟知しているからこそ提供できる品質

「歯の治療」に関する知識はあっても、どうやって歯が作られているかはあまり知らない、こうした歯科医師は少なくありません。
特に、「ジルコニア」などのオールセラミックの作製工程を熟知している歯科医師は、ほとんどいません。

しかし、当クリニックには直営の歯科技工所があり、そこで院長自らが歯科技工士の指導にあたっておりますので、オールセラミックなどの歯の作製工程は熟知しております。是非、他院で作製された歯との質の違いを感じて頂ければと思います。

素材の種類

オールセラミック

金属を一切使用せずに、すべてセラミックのみで作製された詰め物・被せ物です。
金属を使用しないので、金属アレルギーの心配、歯茎の変色、金属の露出などはありません。耐久性に優れているので、長期間使用しても変色することなく、天然歯同様の白くて透明感のある美しい歯を維持することができます。

オールセラミックの特徴
  • 天然歯のような白さと透明感がある
  • 耐久性に優れており、着色汚れ(ステイン)による変色などがない
  • 汚れが付着しにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 歯茎の変色、金属の露出がない

メタルボンド

内側を金属で作製し、表側にセラミックを焼き付けた被せ物です。
金属部分はセラミックで覆われているので、歯を白く見せることができます。また、金属を使用しているので強度に優れており、奥歯などの噛み合わせる力が強い部位でも使用することができます。

メタルボンドの特徴
  • 金属部分はセラミックで覆われているので、歯を白く見せることができる
  • 強度に優れており、奥歯などでも使用することができる
  • 着色汚れ(ステイン)による変色がない
  • 汚れが付着しにくい

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜて作製された詰め物・被せ物です。
硬度が天然歯に近く適度に擦り減るため、噛み合わせる歯を傷つけにくいという特徴があります。また、破損しても修理がしやすいという特徴もあります。

ハイブリッドセラミックの特徴
  • オールセラミックよりも費用を抑えて、白い歯を入れることができる
  • 硬度が天然歯に近く適度に擦り減るため、噛み合わせる歯を傷つけにくい
  • 破損しても修理がしやすい
  • 金属アレルギーの心配がない
オフィシャルサイト ホワイトニング専門サイト IKブログ