矯正歯科

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

正しい歯並び=きれいな歯並びとは

正しい歯並びとは、すべての歯がきちんと噛み合っている状態のことをいいます。

上下の歯を噛みしめた時に、上の2本の前歯の間の線と、下の2本の前歯の間の線を結んだものを「正中線」といいますが、これが直線になっていて、正中線を中心に歯が左右対称に並んでいる状態が、見た目的にも美しく、顎のバランスも良いとされています。

歯並びが正しいとお口まわりの印象が良くなるだけでなく、虫歯や歯周病などにかかるリスクが低減するため、歯の健康にも大きな影響をおよぼします。反対に、歯並びが悪いとお口まわりの印象が悪くなるだけでなく、将来的に歯を失う原因ともなる場合がありますので、歯並びが気になる方は審美性だけでなく、末永く天然歯を維持するためにも歯科医院で矯正治療を受けられることをおすすめします。

歯並びが気になる方へ

歯並びが悪くなる原因は、「柔らかいものばかりを食べる」「異常嚥下癖」「虫歯」「姿勢の悪さ」「ストレス」など様々です。
こうした原因により歯並びが悪くなり、それをそのまま放っておくと、歯だけでなく全身の様々な部分に悪影響をおよぼす場合があります。

悪い歯並びがおよぼす影響
  • ブラッシングなどのケアが行いにくいため、虫歯や歯周病などにかかりやすくなる
  • 噛み合わせが悪いことで、一部の歯に過度な負担がかかり、歯の喪失につながる場合がある
  • 食べ物を上手く噛むことができないため、消化器官に負担がかかる場合がある
  • 噛み合わせの悪さにより体のバランスが崩れて、肩こりや頭痛、腰痛などの不定愁訴の原因となる場合がある

矯正治療のメリット

病気予防に効果的

歯並びが整うことで食べかすが溜まりにくくなったり、ブラッシングなどのケアが行いやすくなったりするため、虫歯や歯周病などの病気にかかりにくくなります。

 

しっかりとものが噛めるようになる

噛み合わせが正しい状態になることで、しっかりとものが噛めるようになり、食事も美味しく食べることができるようになります。

 

頭の働きを良くする

矯正治療によりしっかりものが噛めるようになることで、脳が刺激され、頭の働きが良くなるとされています。

はっきりと喋ることができる

歯並びが整うことで、発音が明瞭になり、はっきりと喋ることができるようになる場合があります。

 

不定愁訴の改善

噛み合わせを正すことで、体のバランスが良くなり、頭痛や肩こり、腰痛などの不定愁訴が改善される場合があります。

 

コンプレックスの改善

「歯並びの悪さが気になって、人前で口を開けて笑えない」というようなコンプレックスも、矯正治療により改善させることが可能となります。

矯正治療の流れ

1カウンセリング

患者様の歯並びの状態などを確認して、適切な矯正方法や費用などについてご説明します。

2検査

問診、レントゲン検査、CT検査、歯列模型の作製、お顔の写真撮影などにより、治療方針を決定するのに必要な資料を採取し、治療計画を立てます。

3治療計画の説明

治療計画を詳しくご説明します。この時、矯正治療に使用する装置の種類、治療期間、治療費などについても詳しくご説明しますので、何かご不明点がありましたら遠慮なくお尋ねください。

4治療開始

治療計画にご納得頂ければ、矯正治療を開始します。治療中は、基本的に1ヶ月に1回程度通院して頂き、歯やお口の中の状態を確認してメンテナンスします。

5治療終了

治療が終了すれば、矯正装置を取り外します。

6保定

矯正装置を外した後は、歯の後戻りを防止するために、「リテーナー」と呼ばれる保定装置を装着して頂き経過を観察します。

矯正装置の種類

セラミックブラケット

矯正治療では、歯の表面に「ブラケット」と呼ばれる装置を取り付けて、そこにワイヤーを通してゆっくりと歯を動かしていきます。
セラミックブラケットとは、セラミックなどのクリアタイプのブラケットを使用した矯正装置です。透明なブラケットですので、装着しても装置が目立つようなことはありません。
治療期間中も、人目を気にすることなく快適に生活を送りたい方などにおすすめです。

リンガルブラケット(舌側矯正)

歯の表側にではなく、裏側に矯正装置を装着させて、ゆっくりと歯を動かしていく方法です。
装置が裏側にあるので、お口を開けても目立つようなことはありません。目に見える部分に、矯正装置を装着するのに抵抗感がある方などにおすすめです。
また、歯の裏側では常に唾液が分泌されているので、唾液の自浄作用により、治療期間中の虫歯リスクを低減することができます。

インプラント矯正

顎骨に矯正治療用の小さなインプラントを埋入し、それを支えとして矯正装置を固定し、歯を動かしていく方法です。
インプラントを埋入する手術が必要となりますが、従来の矯正治療では動かすことが難しいような歯も、効果的に動かすことが可能です。
また、従来の矯正治療よりも治療期間が短くなる傾向にあり、抜歯のリスクも低減させることができます。

オフィシャルサイト ホワイトニング専門サイト IKブログ